北九州市よりiPhone12Proの液晶不具合

IMG 9283 768x1024 - 北九州市よりiPhone12Proの液晶不具合

北九州市よりiPhone12Proの液晶不具合です。

iPhone13シリーズではiPhone12シリーズに比べ、ノッチが20%小さくなり画面表示領域が拡大されました。

このノッチサイズ縮小に関するAppleの特許が公開されています。
光源をノッチ外に移動
米国特許商標庁(USPTO)が公開した特許によると、Face IDのために必要な光源をノッチ外に移動させたことで、ノッチサイズの縮小に成功したようです。

Appleのノッチサイズを縮小するための特許の画像

Face IDはAppleの顔認証技術であり、約3万本の赤外線ビームを顔に向かって放射し、反射して戻ってきたビームを赤外線センサーで捉え、本人かどうかの判定をおこなうものです。

上の図において、「Optical radiation Source」と書かれた部分がFace IDに必要な赤外線ビームのための光源であり、これをノッチ外に移動させたことによりノッチサイズを小さくできました。

iFixitの分解解析によると、光源である投光イルミネーターとドットプロジェクターが、ひとつのモジュールに統合され、モジュールの端から中央へ移動しているとのことです。

いろいろ考えてるんですねー

iPhone12Pro 液晶不具合

802-0006
iPhone修理 ジーニー小倉店(北九州) 福岡県北九州市小倉北区魚町1-1-1 西日本小倉ビル1F
093-600-2757
営業時間 10:00~20:00
定休日 火曜日
JR九州 小倉駅徒歩5分
安心の最長6ヶ月保証